リフォーム・リノベーション

住みたい町で理想のお部屋へ

~間取りも内装も自由に設計して頂けます

 

|リノベーションとリフォームの違

~リフォームは一般的な修繕、リノベーションは住む方の好みに合わせた大改造~

 

【リフォーム】

補修・修繕、増築、改築など、既存建物に手を加える工事全般をいいます。

老朽化に対する修復工事やライフスタイルにあわせた改築工事などがあります。

 

【リノベーション】

専有部分の給排水・電気・ガスの配管や天井・壁・床の下地に至るまでを全面的に新設し、建物に新たな付加価値を与える大規模な改修を行うことです

 

 

|リノベーションのメリット

・自由に設計できる

既存のマンションや建売住宅は無難な内装になっていることが多いものです

内装を自分好みにしたり、間仕切りのない広いリビングにしたり、自分好みに自由に設計することができます

 

・物件の選択肢が増える

希望する居住エリアで希望通りの新築の戸建やマンションを探すのは大変苦労するものです。

希望の物件が見つからずに、妥協してしまっている傾向があります。
リノベーションを前提としての物件探しであれば、新築と比べより安い予算を設定できるため、

立地の選択肢が大きく広がります。

 

・新築よりコストを抑えることができる

新築を購入する場合と中古を購入してリノベーションする場合の費用を比較すると、中古を購入してリノベーションする費用の方が、20%~30%程安く済むことが多くあります。

床面積など同じ条件の新築よりも安い費用で理想の住空間を手に入れることができます

 

 

|リノベーションのデメリット

 ・費用が高くなってしまうこともあります。

壁を剥がしてみると状態が悪く、耐久性、耐震性が十分でないことが出てくる可能性があります。

柱や梁の中身がどのような状態であるかは専門家でも事前に把握するのは難しいものです。

 

・住むまでに時間がかかってしまうこと

中古の戸建やマンションをただ購入する場合には、購入後、引き渡しが行われ住むという流れが一般的ですが、

リノベーションの場合は、引き渡しまでの間に、建物検査、設計、施工などの作業が加わることや
コンセプト等に強いこだわりがある場合、建築士との打ち合わせなども十分に必要である為、

結果として完成させるためには大変な時間がかかってしまいます。

 

・ローンの金利が高くなってしまう傾向があります。

リノベーションの費用は一般の住宅ローンが利用できないため、住宅ローン以外に、リフォームローンを別途利用する必要があります。

リフォームローンの金利は一般の住宅ローンよりも高い傾向があります。

 

弊社施工リフォーム例

(キッチン リフォーム前)

                                                              

(キッチン リフォーム後)    

開放的なオープンキッチン、窓も大きく明るいキッチンへ            

  

 

(洗面所 リフォーム前)     

                                                                 

(洗面所 リフォーム後)  

壁面、床面白を基調とした明るく清潔感ある洗面所へ

                    

弊社施工リノベーション例   

(キッチン、和室 リノベーション前)  

  

                    ↓                     

(キッチン、和室 リノベーション後) 

1、和室出入口の高さを高く改築 光も多く取り入れることができ、明るい和室へ

2、カウンターキッチンを解体し、使いやすく見た目も美しい造作家具の設置

3.ダウンライトを設置、空間により広がりが生まれ快適な空間へ