空き家対策

 

| このようなお悩みはありませんか?|

・転勤、購入した自宅をどうしよう?

・長期の空き家がある、気になっているがどうしよう?

・犯罪の温床にならないか心配…

・高齢になり施設に入所することになり、自宅(実家)をどうしよう

など…

 

| 空き家対策の効果 |

・景観や生活環境の保護

・防犯、防災などの安全面の確保など

 

| 今後の空き家状況予想 |

・人口減少や少子高齢化、解体費用などの直接的要因により、空き家数の増加率はさらに大きくなることが予想されます。

 

| 固定資産税が6倍に? |

敷地の面積が200㎡以下の場合、固定資産税の支払いは軽減措置によって6分の1で済むのですが、

それがなくなれば、実質的に固定資産税は6倍に跳ね上がる可能性があります。

「特定空き家」に指定されると、住宅として使われている土地に対する固定資産税の軽減措置から除外されます。

特定空き家に対しては、税制上の優遇措置である「住宅用地特例」が受けられなくなります。

 

【空き家問題】

空き家問題が一般の関心を集めるようになったのは、ここ数年ですが、空き家の増加自体はそれ以前から。

5年に1回行われる総務省の「住宅・土地統計調査」は昭和33年以降、一貫して増え続けている状態となっています。

日本の空き家問題は深刻化の一途を辿っている状況で、国家的に危機的な状況といえるほどです。

ただもちろん行政がなんの対策も講じていないわけではありません。

自治体によっては厳しい条例になっていて強制撤去をはじめとした行政代執行や、罰則が設けられているところもあります。

空き家管理条例の制定が進み、空き家対策法案も制定される見込みとなっており、今後も所有者による自主的撤去を促すのが基本となる。

 

| 空き家の対策方法 |

・賃貸物件として貸し出す。

・売却する

・更地にして売却や土地として活用

など…

 

| 無料査定しております |

取引実績多数の我が社にご相談ください。

不動産取引のプロとして、全力でお手伝いいたします。